日本人と欧米の男性、そのどちらの方がPE症に悩まされている割合が多いのでしょうか。
近年では、そういった早漏治療の分野でも研究が進み、信頼できるデータが公表されています。
日本人の中でPE症を抱える人々は、およそ500万人を超えたとも言われており、
世界中の男性が射精に至るまでの平均タイムが、5分から8分程度なのに対して、
およそ1分から3分程度で精液を出してしまう日本人男性が、少なくない割合が存在しているのです。
PE症はストレスや過労、メンタルの緊張等で発症します。
発症した後は自然治癒する事は少なく、早漏薬の摂取が大事になります。

簡単な自己カウンセリングの方法として、女性器に入れてから100秒程度、
射精を我慢出来なければ、PE症の疑いが濃厚です。
早漏治療には色々なアプローチがあり、心理面のケアやストレス解消、食事療法等があります。
ただ、家庭の中で講じられる対策は限られており、効果的な早漏治療を求めるなら、
海外製の早漏薬を飲むのが、最もベストな案でしょう。
早漏薬の効果はしばしば誤解されますが、ペニスの感度を強制的に減衰させる等、
そういったセックスに害をなす薬効はなく、あくまで男性の脳内物質を適正なレベルに抑制し、間接的に射精までの時間を延長させる働きになります。
早漏治療のお薬のせいで今度は遅漏になった、不感症になってしまった、等のリスクはありませんので、心因性の早漏を抱える方は速やかに早漏薬の調達を検討すべきです。
男子向けの医薬品は大手のメンズクリニック、個人経営の医院、
またはインターネット上に用意された専用のホームページから調達出来ます。
色々な入手方法がありますので、費用と手軽さの面で比較検討しましょう。